オズドエフがゼニトへ新規加入!!
追加 | 筆者 Yoshiki Kato | コメント
オズドエフがゼニトへ新規加入!!

MFオズドエフ選手が、ルビンカザンからゼニトへ加入しました。

マゴメド・オズドエフ
1992年11月5日生まれ。身長182cm。
2010年にロコモティフモスクワでデビューし、56試合に出場。2014年にルビンに移籍し、87試合に出場。2016–17シーズンはテレクにレンタル移籍。ロシア代表には2014年に選出され、12試合に出場1ゴールを挙げています。

以下、オズドエフのインタビュー

オズドエフ:まず第一にゼニトに移籍できてとても嬉しい。僕の考えだが、ゼニトは伝統ある偉大なクラブだ。

Q:ゼニトからのオファーをどう知ったか。
A:ゼニトからの興味を知ったのは12月だった。代理人が僕に電話をくれて、ゼニトからのオファーと、それに関してどう思うかを聞いてきた。僕は肯定的に答えたよ。一番重要なのは、クラブ間で妥協点を見つけてくれることだったから。ロシアには、ゼニトのようにUEFAカップとUEFAスーパーカップを制したクラブは多くない。ゼニトは偉大で、安定しており、常に優勝争いをしている。幸運にもゼニトとルビン間での交渉はまとまり、僕に決定権がきた。僕はゼニトへの移籍を志願した。

Q:相談は誰かにした?
A:他のサッカー選手に移籍の相談をするという考えはなかった。一番大事なのは、家族への相談だ。家族はたくさん考えてくれたが、僕が良いなら、そのために僕を支え、助けてくれる。僕がどこにいたとしても、彼らは僕の味方だ。

Q:ゼニトの選手で交流がある選手はいる?
A:何人か知り合いはいるが、ココリンとクジャエフとはよく連絡を取るよ。ポロズ、エロヒン、ジルコフは代表で会話する程度だね。

Q:サッカー選手としてではなく、ペテルブルクに来たことはある?
A:あるよ。ペテルブルクはとても美しい街だ。妻と何度か来ているんだ。冬はよく来るね。夏は数年前かな。とても気に入っている街だよ。

Q:サンクトペテルブルクスタジアムはどう思う?
A:素晴らしいスタジアムだよ。相手選手としてプレーしたが、とても良かった。

リストに戻る

Array