CSKAモスクワ戦後のマンチーニ監督記者会見
追加 | 筆者 Yoshiki Kato | コメント
CSKAモスクワ戦後のマンチーニ監督記者会見

マンチーニ監督が記者会見でCSKAモスクワ戦を振り返りました。

Q:ルニョフに何があったのか?また前半途中にココリンとポロズの位置を変えていたが、その意図は?
 後半はなぜその変更をやめたのか?

A:ルニョフは足に打撲を負った。
 確かにココリンとポロズの位置を変えたが、それは試合のたびに行なっている。戦術的なポジション変更だ。


Q:マリオ・フェルナンデスとの口論について。あれはあなたがわざとやった言う選手もいた。
 またフェルナンデスにはカードが出たが、あなたには何も出なかった。あれは挑発だったのか?
A:私は特に何もしていない。フェルナンデスのファールは非常に荒かった。彼は主審の判定に同意せず、文句を言っていた。
 私はそれに反応せざるを得なかった。ファールは本当に危なかったからね。


Q:ルニョフの怪我はどれくらいかかりそうか?
A:まだ何も言えないが、重傷ではないと思う。数日見てみよう。


Q:前半何もできていないようだったが、CSKAのプレッシングを予想していなかったのか?
A:我々は木曜日に試合を行い、準備時間が短かった。今日の試合は、月曜日にできないかと申請していたんだが、
 それは叶わなかった。前半は何もできなかったが、後半は試合を優位に進めていた。


Q:今日のジャッジをどう評価する?
A:それはこの試合で大して重要でないことだ。


Q:今日の結果に満足しているか?
A:満足はできない。勝っていないのだから、誰も満足しないだろう。非常に勝ちたい試合だった。
 だが後半の我々のサッカーは、私が好むものだった。結果は妥当だが、この結果に満足は決してしていないよ。

リストに戻る

Array