ロシア・プレミアリーグ、第13節テレク・グロズヌイ戦結果
追加 | 筆者 Yoshiki Kato | コメント
ロシア・プレミアリーグ、第13節テレク・グロズヌイ戦結果

11月6日に行われたテレク対ゼニトの試合は、2−1でテレクが勝利しました。

テレク2(34分、38分バライ)

ゼニト1(10分マク)

 

GK

M・ケルジャコフ

 

DF

アニュコフ

ネト

クリーシト

ジルコフチェルノフ(66分)

 

MF

ガルシアマウリシオ(74分)

ヴィツェル

ジュリアーノ

マク

 

FW

ココリン

ジューバ→A・ケルジャコフ(73分)

 

テレク対ゼニトの試合は、アウェイの地・グロズヌイで行われました。

 

前半10分、連携からヴィツェルがシュート。これは弾かれるも、こぼれ球にマクが反応し、シュート。これがネットを揺らし、ゼニトが幸先良く先制します。

しかし、34分に左サイドを崩されると、フリーでゴール前にいたテレクのバライにボールが渡り、そのままゴール。同点にされてしまいます。さらに、38分に同点弾を決めたバライがまたも左サイドからボールを持ち込み、エリア内でシュート。GKの手から逃げるようなシュートは、ゼニトゴールのネットを揺らし、逆転されてしまいます。

後半に入っても、テレクのチャンスは続きますが、ネトが体を張ってゴールを守ります。しかし、そのネトが90分にこの日2枚目のイエローカードで退場。このまま試合は終了し、2−1でゼニトは負けてしまいました。

 

ゼニトにとってはリーグ戦今シーズン初黒星となり、2位に後退。首位を走るスパルタクとの勝ち点差は3に広がってしまいました。

リストに戻る

Array